• 本予告
  • 特報
劇場情報
劇場情報
TOHOシネマズ シャンテほか7月1日全国公開!
Introduction
誰もが「あの頃の気持ち」を思い出す……
ポール・トーマス・アンダーソン監督最新作!
『マグノリア』でベルリン国際映画祭金熊賞、『パンチドランク・ラブ』でカンヌ、『ザ・マスター』でヴェネチア、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でベルリンと世界三大映画祭すべてで監督賞受賞の伝説を作り、常に世界中の映画ファンが新作を心待ちにしている天才監督ポール・トーマス・アンダーソン。最新作『リコリス・ピザ』はオリジナル脚本の完成度の高さ、細かな脇役に至るまで行き届いた演出が高く評価され、本年度アカデミー賞®作品賞、監督賞、脚本賞にノミネートされたほか、世界中の映画賞を席巻している。 舞台は1970年代のハリウッド近郊、サンフェルナンド・バレー。カメラマンアシスタントのアラナ(アラナ・ハイム)と高校生ゲイリー(クーパー・ホフマン)が偶然に出会い、すれ違い、歩み寄っていく恋模様を描き出す。 主演は三姉妹バンド、ハイムの三女であるアラナ・ハイムとポール・トーマス・アンダーソン監督の盟友フィリップ・シーモア・ホフマンの息子であるクーパー・ホフマン。ともに本作で鮮烈な映画デビューを飾り、主演女優賞やブレイクスルー賞を総なめに! 脇を固める俳優も曲者揃いだ。ショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパー、ベニー・サフディとレジェンドが集結し、実在の人物をモデルにしたアクの強い登場人物を生き生きと演じている。 主人公ふたりの感情に寄り添う音楽を手掛けたのはレディオヘッドのジョニー・グリーンウッド。ポール・トーマス・アンダーソン監督とは本作で5作目のタッグとなる。劇伴のほか、数々の楽曲が全編を彩り、こだわり抜いた、セット、小道具、ファッション、ヘアスタイルが70年代を完璧に再現する。散りばめられた当時の音楽やファッション、そして恋の痛みと嬉しさに溢れる主人公たちの姿に、誰もが“あの頃の気持ち”と“映画の楽しさ”を思い出さずにいられない!
Story
1970年代、ハリウッド近郊、サンフェルナンド・バレー。
高校生のゲイリー・ヴァレンタイン(クーパー・ホフマン)は子役として活躍していた。
アラナ・ケイン(アラナ・ハイム)は将来が見えぬまま、カメラマンアシスタントをしていた。
ゲイリーは、高校の写真撮影のためにカメラマンアシスタントとしてやってきたアラナに一目惚れする。
「君と出会うのは運命なんだよ」
強引なゲイリーの誘いが功を奏し、食事をするふたり。
「僕はショーマン。天職だ」
将来になんの迷いもなく、自信満々のゲイリー。
将来の夢は?何が好き?……ゲイリーの言葉にアラナは「分からない」と力なく答える。
それでも、ふたりの距離は徐々に近づいていく。
ゲイリーに勧められるままに女優のオーディションを受けたアラナはジャック・ホールデン(ショーン・ペン)というベテラン俳優と知り合い、映画監督のレックス・ブラウ(トム・ウェイツ)とテーブルを囲む。
また、カリフォルニア市長選に出馬しているジョエル・ワックス(ベニー・サフディ)の選挙活動のボランティアを始める。
ゲイリーはウォーターベッド販売を手掛けるようになり、店に来た女の子に声を掛ける。
ある日、映画プロデューサーのジョン・ピーターズ(ブラッドリー・クーパー)の家へベッドを届けるが、面倒に巻き込まれる。
それぞれの道を歩み始めるかのように見えたふたり。
出会い、歩み寄り、このまま、すれ違っていくのだろうか――。
Director
脚本・監督・撮影:ポール・トーマス・アンダーソン
PAUL THOMAS ANDERSON
1970年6月26日生まれ、米国ロサンゼルス出身。10代の頃からビデオカメラ で映画を撮り始める。1993年の短編“Cigarettes & Coffee”がサンダンス映画祭で注目されたことをきっかけに、同作の要素を膨らませた「ハードエイト」(96)で長編デビュー。その後、高校時代に撮った短編“The Dirk Diggler Story”をもとに70~80年代のポルノ業界の隆盛と衰退を描いた『ブギーナイツ』(97)を発表し、批評と興行ともに成功を収めて一躍人気監督のひとりとなる。続いて、ロサンゼルスに暮らす10数人の男女の24時間をグランドホテル形式で描いた3時間超の大作『マグノリア』(99)も高く評価され、群像劇の名手と目されるように。一方、長編4作目の『パンチドランク・ラブ』(02)では、アダム・サンドラーを主演に迎えてロマンチック・コメディに挑戦し、新たなファン層を獲得する。その次の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(07)では、20世紀初頭を舞台としたアプトン・シンクレアの小説「石油!」を原作に、ダニエル・デイ=ルイス演じる山師の成り上がり人生と心の闇を壮大なスケールで描き、デイ=ルイスとともに多数の映画賞を受賞した。続く6作目の『ザ・マスター』(12)では、デビュー作以来の常連である故フィリップ・シーモア・ホフマンを50年代に台頭した新興宗教の教祖役、ホアキン・フェニックスを教祖に傾倒する帰還兵役に据え、男ふたりの愛憎入り交じる関係を重厚に描写。フェニックスとは、トマス・ピンチョンの小説「LAヴァイス」をベースにした7作目『インヒアレント・ヴァイス』(14)でもタッグを組み、70年代カリフォルニアのヒッピー崩れの私立探偵が犯罪に巻き込まれていくスラップスティックコメディーを作り上げた。第8作目『ファントム・スレッド』(17)では引退宣言していたダニエル・デイ=ルイスと再びタッグを組み、完璧主義の仕立て屋とミューズの愛憎劇を描き出し、アカデミー賞®衣装デザイン賞を獲得した。 劇映画以外では、フィオナ・アップル、レディオヘッド、『リコリス・ピザ』主演のアラナ・ハイムが属するバンド、ハイムなどのミュージックビデオを監督。また、ジョニー・グリーンウッドとイスラエルの音楽家シャイ・ベン・ツールがインドのミュージシャンたちとともに制作したアルバム 「JUNUN」のメイキングドキュメンタリー「JUNUN」(15)、レディオヘッドのトム・ヨークのソロアルバム「ANIMA」のためのショートフィルム「ANIMA」(19)なども発表している。
Cast
アラナ・ハイムアラナ・ケイン
ALANA HAIMas Alana Kane
1991年12月15日生まれ、米国ロサンゼルス出身。本作で映画デビュー。サンフェルナンド・バレーで生まれ育ったアラナは、2007年にエスティとダニエルの姉ふたりとともにバンド、ハイムを結成、ヴォーカル、ピアノ、ギター、ドラムを演奏する。13年発表のデビューアルバム“Days Are Gone”でグラミー賞最優秀新人賞にノミネート。17年、2ndアルバム“Something to Tell You”をリリース。ワールドツアーを行い、グラストンベリーほか数々の音楽フェスでヘッドライナーを果たす。20年6月にリリースされた3rdアルバム“Women in Music Pt. III”は、女性のみのロックバンドとして初めてグラミー賞の最優秀アルバム賞にノミネートされる快挙を果たし、アルバム収録曲“The Steps”は、最優秀ロック・パフォーマンス賞にノミネートされた。このアルバムは各方面で絶賛され、ヴァラエティの「今年のトップ10」に選出、アメリカのアルバムセールスチャート、オルタナティブチャート、ロックチャートで初登場1位、イギリスでも1位を獲得した。21年5月、ブリット・アワードのインターナショナル・グループ賞を受賞、02年のディスティニー・チャイルド以来の女性アーティストの受賞となった。
クーパー・ホフマンゲイリー・バレンタイン
COOPER HOFFMANas Gary Valentine
2003年生まれ。父はポール・トーマス・アンダーソン監督作品の常連俳優だった故フィリップ・シーモア・ホフマン、母は衣装デザイナーのミミ・オドネルというエンターテイメント一家に生まれる。映画製作など裏方に興味があったが、ポール・トーマス・アンダーソン監督から脚本を送られたことから、17歳で撮影に参加、本作『リコリス・ピザ』で俳優デビューを果たした。
ショーン・ペンジャック・ホールデン
SEAN PENNas Jack Holden
1960年8月17日生まれ、米国ロサンゼルス出身。『デッドマン・ウォーキング』(95/ティム・ロビンス監督)、『ギター弾きの恋』(99/ウディ・アレン監督)、『I am Sam アイ・アム・サム』(09/ジェシー・ネルソン 監督)で3度のアカデミー賞®主演男優賞ノミネート、『ミスティック・リバー』(09/クリント・イーストウッド監督)と『ミルク』(08/ガス・ヴァン・サント監督)で2度のオスカーに輝く。また、『デッドマン・ウォーキング』ではベルリン国際映画祭、『シーズ・ソー・ラブリー』(97/ニック・カサヴェテス監督)ではカンヌ国際映画祭、『キャスティング・ディレクター』(98/アンソニー・ドレイザン監督)と『21グラム』(03/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)でヴェネチア国際映画祭と三大映画祭で主演男優賞を獲得。アメリカを代表する名優である。監督としても活躍し、『イントゥ・ザ・ワイルド』(07)はアカデミー賞®2部門に選出されたほか、数々の賞を獲得している。
トム・ウェイツレックス・ブロウ
TOM WAITSas Rex Blau
1949年生まれ、米国ロサンゼルス出身。世界的に有名なシンガー・ソング・ライターであり、パフォーマー、作曲家、映画・舞台俳優、詩人でもある。グラミー賞に7度ノミネートされ、そのうち2度受賞し、ロックの殿堂入りを果たす。映画に関しては、『カルメンという名の女』(83/ジャン=リュック・ゴダール監督)に音楽で参加したほか、映画出演作として、『黄昏に燃えて』(87/ヘクトール・バベンコ監督)、『ショート・カッツ』(93/ロバート・アルトマン監督)、『Dr.パルナサスの鏡』(09/テリー・ギリアム監督)、『セブン・サイコパス』(12/マーティン・マクドナー監督)、『さらば愛しきアウトロー』(18/デビッド・ロウリー監督)のほか、フランシス・フォード・コッポラ監督作品『ワン・フロム・ザ・ハート』(82)に音楽で参加したほか、『アウトサイダー』(83)、『ランブルフィッシュ』(84)、『ドラキュラ』(92)、『Virginia ヴァージニア』(11)に出演。ジム・ジャームッシュ監督とは親交が深く、『ダウン・バイ・ロー』(86)、『ミステリー・トレイン』(89)、『コーヒー&シガレッツ』(03)、『デッド・ドント・ダイ』(20)に出演している。
ブラッドリー・クーパージョン・ピーターズ
BRADLEY COOPERas Jon Peters
1975年生まれ、米国ペンシルヴェニア出身。俳優、脚本家、監督、プロデューサー。デビッド・O・ラッセル監督作品『世界にひとつのプレイブック』(12)と『アメリカン・ハッスル』(13)、『アメリカン・スナイパー』(14/クリント・イーストウッド監督)、監督デビュー作『アリー/スター誕生』(18)で4度のアカデミー賞®主演男優賞ノミネート経験を持ち、監督作『アリー/スター誕生』は作品賞、脚色賞にもノミネートされている。主な出演作品に、トッド・フィリップス監督作『ハングオーバー!』シリーズ(09、11、13)、ルッソ兄弟監督作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)、ジェームズ・ガン監督『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ(14、17、22)、『運び屋』(18/クリント・イーストウッド監督)など。直近の出演作に『ナイトメア・アリー』(21/ギレルモ・デル・トロ監督)がある。現在、プロデューサー、監督、共同脚本を務め、レナード・バーンスタインを演じる“Maestro”が待機中。
ベニー・サフディジョエル・ワックス
BENNY SAFDIEas Joel Wachs
1986年生まれ、米国ニューヨーク出身。俳優、映画監督、脚本家の顔を持つ。監督としては、兄のジョシュア・サフディと共同監督として活躍している。俳優として、『私というパズル』(20/コーネル・ムンドルッツォ監督)、テレビドラマ「オビ=ワン・ケノービ」シリーズに出演している。ベニーとジョシュアの兄弟監督としては、『神様なんかくそくらえ』(14)が東京国際映画祭で東京グランプリと監督賞、『グッド・タイム』(17)がインディペンデント・スピリット賞にノミネート、アダム・サンドラー主演『アンカット・ダイヤモンド』(19)でナショナルボードオブレビュー脚本賞、インディペンデント・スピリット賞とニューヨーク映画批評家協会で監督賞を受賞している。
Staff
撮影:マイケル・バウマン
MICHAEL BAUMAN
アメリカン・フィルム・インスティチュート卒業。長編映画の撮影監督として、ポール・トーマス・アンダーソン監督とは『ファントム・スレッド』(17)に続く2度目のコラボレーション。『ザ・マスター』(12)と『インヒアレント・ヴァイス』(14)には照明技師として、レディオヘッドやハイムのMVにも参加している。これまでに、照明技師や撮影助手として、『Ray/レイ』(04/テイラー・ハックフォード監督)や、『シリアナ』(05/スティーヴン・ギャガン監督)をはじめ数多くの作品に参加している。
音楽:ジョニー・グリーンウッド
JONNY GREENWOOD
1971年11月5日生まれ、英国オックスフォード出身。パブリックスクールの同級生とバンドを結成し、92年にレディオヘッドとしてメジャーデビュー。レディオヘッドでは、リードギターとキーボードの他、ヴィオラ、シロフォン、グロッケンシュピール、オンド・マルトノ、バンジョー、ハーモニカ、ドラムも演奏し、作曲やサンプリングなども行う。2007年、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の音楽を手がけ、英国アカデミー賞とグラミー賞にノミネート。以来、『ザ・マスター』(12)、『インヒアレント・ヴァイス』(14)、『ファントム・スレッド』(17)に続き本作と、ポール・トーマス・アンダーソン監督作品の音楽を担当し続けている。本年度はアカデミー賞®に映画音楽部門でもノミネートされている『パワー・オブ・ザ・ドッグ』(21/ジェーン・カンピオン監督)に加え、『スペンサー ダイアナの決意』(21/パブロ・ラライン監督)でも映画賞を席巻している。
Review/Comment
★★★★★
ふたりの新人が、奇跡的なデビューを果たした。
The Telegraph
★★★★★
The Guardian
お見事!
Entertainment Weekly
ポール・トーマス・アンダーソン監督の最高傑作。
最も魅力的な作品だ。
Variety
壮大でいて、陶酔させられ、徹底的に楽しい!
これぞ、映画。初恋に捧げる美しい抒情詩。
Indiewire
美しく、チャーミング!
Inside Hollywood
ひたすらに最高!
Esquire
一目惚れすること間違いなし!
The Insider
面白い!
純粋な愛の表現。
LA Times
★★★★★
TIME OUT
『リコリス・ピザ』は夢だ
Collider
素晴らしい!
The Hollywood Reporter
アラナ・ハイムとクーパー・ホフマンに心を奪われる。
Next Best Picture
アラナ・ハイムとクーパー・ホフマンは、
独創的で、カリスマ的で、ハイテンションで、
それでいて優雅な演技を披露している。
The New Yorker
愛さずにいられない映画。
The Wrap